works

ユーザーの余裕度合いを推定し最適なインタラクションを導き出すAdaptive HMIシステムを研究・開発

ソフトウェア開発
機械学習

体動と瞳孔の変化からユーザーの余裕度合いを推定する機械学習モデルを開発し、そのユーザーのその状況に合わせてインタラクションが変化するHMIシステムと、機械学習モデルの判定を可視化するソフトウェアを研究・開発しました。

自動運転モードから手動運転モードになったとき、ドライバーの余裕度合いに応じて周囲の状況を伝えるインタラクションが、賢く切り替わります。人とくるまのテクノロジー展2017にて展示しました。