TRITO 適応型HMIシステム

ドライバーの状況に応じてHMIの振る舞いを適切に調整可能とする ドライバー適応型HMIシステム

ドライバー適応型HMIは、CANなどの運転に関する情報やセンシング技術による人体に関する情報から ドライバーの運転状況を認識し傾向解析します。解析した結 果を用い、運転しているドライバーの状況に応じて振る舞いを適切に変えるHMIを実現します。

実用例1: ドライバーの苦手箇所をお知らせ
ドライバー適応型HMIは、CANなどの運転に関する情報やセンシング技術による人体に関する情報から ドライバーの運転状況を認識し傾向解析します。解析した結 果を用い、運転しているドライバーの状況に応じて振る舞いを適切に変えるHMIを実現します。

実用例2: ACC等の運転支援機能の使い所をお知らせ
苦手箇所や過信しがちな道路事情に合わせて、ACC等の運転支援技術を使うタイミングや使い方の補助をします。

 製品詳細

システム構成

CANからの車体情報や生体情報を受け取り、当社独自のドライバーの苦手・不安・過信状態を特定し、HMIシステム側では、その状況を利用した新たな運転支援の方法を提案・実現します。

製品の特長

  • CANや各センシングデータの入力
  • 運転状況に応じた傾向の判定
  • HMIシステムからの要求に対する出力
  • 状況・シナリオ等のリソースデータベースとの参照、連携
  • シナリオデータのフィルタリング
  • 傾向解析の為の検証ツール

製品の主な用途

  • 体調・気分に合わせた室内灯色
  • 運転の慣れ、不慣れに応じた適切な操作とメ二ューの実現
  • 運転の慣れ、不慣れに応じた情報開示
  • ACCやADASなどの運転支援技術に不慣れな人への適切なアドバイスの実現

製品についてのお問い合わせは、こちらのメールフォーム からどうぞ